上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気象庁は18日、東日本大震災の震源となった宮城県沖で12月14日までの1カ月間にマグニチュード(M)7以上の余震が発生する確率が15.1%とする予測結果を、同日開かれた地震予知連絡会に報告した。「被災地では引き続き大きな余震に注意が必要だ」としている。

 11月14日までの余震の情報を基に計算した結果、15日から12月14日までの30日間にM7以上の余震が起きる確率は「15.1%」となった。同庁の担当者は「この震源域では過去13年間でM7以上の地震が4回起きている。15%という確率は、過去の発生率より高い水準」としている。同庁は、震災直後は余震確率を3日間の幅で公表していたが、確率が10%を下回った5月ごろから公表を見あわせていた。

 また国土地理院は、震災で沈下した地盤が隆起して元に戻ろうとする「余効上下変動」について、震災前の水準に戻ったのは東京都のみで、宮城県から茨城県北部の太平洋側では、平均で沈下幅の約2割しか回復せず、岩手県沿岸部ではさらに沈下が進んでいるとの観測結果を報告した。

地震については最近忘れがちな傾向にありますが、まだまだ予断の許さない状況にあるようです。
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
昨晩も嫌な揺れの地震が続けて3回ありました。
何となく不安です。

**。

2011/11/20(Sun) 21:22 | URL | ゴン太0135 | 【編集
Re: タイトルなし
最近の話題はTPPばかりで地震についてはあまり語られていませんが、静かすぎて逆に怖い感じがします。
あの時のことは決して忘れてはいけないと思います。
お互いに気を引き締めていきましょう**
2011/11/20(Sun) 22:57 | URL | vasawork | 【編集
はじめまして♪
ブログ拝見させていただきました(^'^)

もしよろしかったら相互リンクお願いします♪
2011/11/23(Wed) 00:21 | URL | ひろCEO | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。