上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [東京 7日 ロイター] 富士通<6702.T>は7日、新型スーパーコンピュータの販売を世界で開始すると発表した。6月に世界最速の計算速度を達成した次世代スパコン「京(けい)」に採用した技術を向上させた製品で、出荷開始は2012年1月を予定。価格は約5000万円からで、今後3年間で50システムの販売を目指す。

 「京」は理化学研究所と共同開発を進めている次世代スパコン。6月には、毎秒8162兆回の計算をこなし、スパコンの計算速度ランキング「トップ500」で世界一を獲得した。今月2日には目標としていた毎秒1京(京は1兆の1万倍)回を超える計算速度を達成したと発表、名実ともに「京」を実現した。1京回突破は世界初。

 業務用冷蔵庫ほどの1台の大きさは小型プリンター程度に小型化する。価格も従来の5分の1に抑える見込みで、日本や欧州を中心に販売する。これまでは1台の価格が約1億円で、冷却電気代などの維持費にも数億円かかっていた。

 NECが開発するのは海洋研究開発機構の「地球シミュレータ」などに採用されている「SXシリーズ」の次世代機。1秒間に約1兆5000億回の計算能力を持つ。同シリーズはこれまで、ドイツやフランスの気象当局などに累計1400台超を納入してきた。

そんなスパコンも10年もすればPC並みの小ささになるんでしょうね。
科学の進歩はすごいと感じる今日この頃・・・。
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
PCの進化って早いですよね。
HDDもまさかTBクラスがこんなに早く出現するとは思ってませんでした。
2011/11/08(Tue) 20:11 | URL | ゴン太0135 | 【編集
そうですね
しかもお手頃価格まで値段が下がっています。PCの買い替え時も難しいところですぐにスペックの高い商品がでるので買い時がわかりません。^^
2011/11/08(Tue) 20:35 | URL | vasawork | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。