FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「米航空宇宙局(NASA)が3日、南極のパイン島氷河に見つかった長さ29キロに及ぶ亀裂の写真を公開した。

亀裂は広がっており、年末以降、氷河から離れて巨大氷山が誕生する見込みだという。

 10月14日に航空機で発見した。幅は平均で80メートルあった。

分裂すると氷山になる亀裂の外側部分は約880平方キロで、東京23区の約1.4倍に相当する。

10月上旬ごろから兆候が現れた。

 パイン島氷河では2001年にも巨大氷山が誕生している。

亀裂について、研究チームは「過去もあった自然現象によるもの」として、地球温暖化との関連は否定している。」

とはいうものの100%とは言い切れないのではないだろうか。

温暖化現象により氷河が減少していることは明らかで、このような現象が多くなれば海面が上昇することは間違いない。
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。