上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NetApplications が公表した最新のブラウザ利用統計によれば、2011年10月のブラウザ利用シェア(デスクトップ+モバイル)で Internet Explorer が49.59%となり、50%を下回っていたことがわかった。
ブラウザは Windows 98 が発売された1998年頃にシェアが50%を超え、2004年には95%に到達していた。
だがその後、Mozilla Firefox などの登場でシェアは低下。近年ではモバイルデバイスからの Web 利用の増加が同ブラウザのシェア下落に拍車をかけている。
昔はブラウザといえばインターネットエクスプローラだった。
しかし最近ではgoogle chromeやFirefoxなど対抗馬がたくさん出てきてサクサク感はIEよりも勝っているような気がする。
私の場合IEを使っていたがサイトを巡回するのに開くスピードが速いクロムを使っている。
動画を閲覧するのはIE
それぞれ長所短所がありユーザにとっては大変ありがたいことであり今後の動向楽しみなところである。
テーマ:インターネット
ジャンル:コンピュータ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。