上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ファイルメーカーについての記事を書いていないのでここらでちょっと自分なりの意見を書きたいと思います。

エクセルでマクロを組むのに限界を感じたことはありませんか。

いきなりの問いかけですが、実は私、かたくなにエクセル信仰者だったのです。

エクセルはご存知のように表計算ソフトですが、ただ単に計算だけさせるソフトではありません。

経験をつんでわかったことですが、マクロというものがあって、これを組むことにより色々なことができるようになります。
例えば同じ処理を行う場合何回もクリックして目的の作業を完了させるのは面倒くさいものです。

この作業をボタンを1回クリックするだけで完了させられればとても簡単です。

これを可能にするのがマクロなのです。

一番簡単な方法はメニューの中にある「マクロ」から「マクロの記憶」を選択して、行いたい処理を記憶させ、「マクロの終了」をクリックすれば完了です。

実行させたい場合は「マクロ」の「マクロ」を選択し保存されたマクロを実行すると先ほど記憶させたマクロが実行されます。

もう少し複雑なマクロを組みたい場合はコンピュータ言語をある程度理解していないと組むことは難しいでしょう。
私はここでつまずきました。

コンピュータ言語を勉強するといっても資料がそれほどなく、あってもとても分厚い本で覚え切れません。しかも難しすぎて理解できませんでした。

独学で勉強するには相当気合を入れないと難しいのです。

そんな時知人にデータベースのファイルメーカーがとても便利であることを教えてもらいました。

といってもずっとエクセルを使っていたし、データベースと聞くとなんだか難しいのではと購入するのをためらっていたのは事実です。

その当時
会社で使っていた勤務報告書をなんとかエクセルで作りたいと思ってたとき、これ以上作りこむのは無理だと感じていました。

どうしても処理が複雑になってファイル自体が重くなりエラーが出てばかりでなんとかしたいと思っていたとき、知人に教えてもらったファイルメーカーのことを思い出しました。

結構高いお買い物だなと思いましたが、だまされたと思って買ってみました。

エクセルの参考書はたくさんありますが、ファイルメーカーの参考書はほとんどありません。

とりあえず関数表とそのほかにもう1冊購入してみました。

感想は「目から鱗」です。

エクセルの関数がある程度理解できていればすんなり思い通りのものを組むことができます。

一番の特徴はマクロが存在しないという点です。

ファイルメーカーでのマクロに相当するものは「スクリプト」というものです。

スクリプトは言葉の羅列です。

例を挙げると

データの中から特定の文字列を含む列を抽出して、印刷したい場合

スクリプトの中にある文字を順番に組むだけです。

「検索」:●●を抽出
もし文字列が存在しない場合は終了、あったら印刷へ
「印刷」:A4に出力
てな感じです。

ここにはPC言語を組むところがありません。

しかもエクセルの場合は横列A~ZZまで、たて列60000行までと制限がありますが、ファイルメーカーは無限大です。

マイクロソフトのアクセスはどうでしょう。
参考書がたくさんあって入りやすいと思うでしょうが、基本はエクセルと同じでコンピュータ言語を組まないといけません。

ファイルメーカーを使うようになってからほとんどのシステムはファイルメーカーで作るようになりファイルメーカーの便利さを感じています。
複雑なものはすべてファイルメーカーです。

といってエクセルが使えないのかといったらそんなことはありません。

見栄えのいい表を作成するときはやっぱりエクセルが一番です。

私の場合データの管理はファイルメーカで行い、表を作成するときはファイルメーカー内のデータをCSVファイルでエクスポートして、それをエクセルで作成した表にリンクしています。

この2つがあれば今まで悩んでいたことがいっぺんに解決するでしょう。

私がそうであったように。

個人のレベルにより習得する時間とアイデアに差があるとは思いますが、使いこなせればこんなに便利なものはないのでファイルメーカーの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。
テーマ:雑記
ジャンル:ブログ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。