上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽田空港の男性主任管制官による情報漏えい問題で、管制官が流出させた米大統領専用機や米軍機のフライトプラン(飛行計画)が、国土交通省内で最高機密扱いになっていなかったことが16日、わかった。

 国土交通省は今回の問題を受け、外国の政府専用機や軍用機などの飛行計画について、最高機密への指定変更が必要かどうか議論している。

 同省によると、3段階に設定している情報の機密性のうち、飛行計画は、漏えいすると業務に支障を及ぼすおそれのある「機2」に指定され、原則非公開とされている。一方、政府要人の警備や安全保障にかかわる情報などは、最高機密の「機3」として厳格に管理されており、同省では「政府専用機や米軍機の飛行計画なども最高機密とすべきでは」との意見が出ている。

それにしても最近日本人のモラルが低下している。

議員さんが天皇陛下を携帯カメラに写したり、今回の事件もそうだがあまりにもひどすぎる。
日本語も乱れているしこれからの日本の行く末が不安なのは私だけなのだろうか。
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。