上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 【ワシントン時事】
米航空宇宙局(NASA)は14日、退役したスペースシャトルの後継機となる次世代大型有人ロケットの開発計画を発表した。
地球周回低軌道を越え、月や小惑星、最終的には火星に宇宙飛行士を送り込む能力を持たせる。
人類初の有人月面着陸を果たしたアポロ宇宙船を運んだ「サターン5」を超える「史上最強」のロケットを開発する。

 計画では2017年に大型ロケットの無人飛行試験を実施する。
NASA当局者は米メディアに21年の有人飛行試験を目指すとしている。
ロケットは多目的有人宇宙船「オリオン」を搭載する。
 オバマ大統領は25年までに月を越える地球近傍の小惑星の有人探査を行い、30年代中盤までに火星周回軌道を有人飛行することを目標にしている
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。