FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アップルの共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズが8月24日にCEO(最高経営責任者)を電撃辞任して以来、ここアメリカのテクノロジー業界やメディアはこの話題でずっと持ち切りだ。
製品開発を何年も前から仕込むアップルのこと、今後数年間はジョブズがすでに敷いた体制のもとで、同社はこれまでどおりに新製品を発売し、好業績を維持すると考えられている。

 だが、テクノロジー業界の変化は激しい。ジョブズが仕込んだマジックがいずれ消え去ったとき、アップルが今と同じ輝きを発し続けていられるかの保証はまったくない。

Appleといえばスティーブ・ジョブズ

そのジョブス氏が辞任したことによって今後のAppleがそのまま業績を維持できるとは思えない。

人をひきつける力を持っていたジョブス氏の辞任は影響は大きいだろうし、今後の商品展開にも不安を感じる。

現状維持ならいいだろうがネット系の分野の競争は厳しい。

新体制でどこまで維持できるのか期待をしたいところ

Appleというブランドを衰退させないようにがんばってもらいたい。
テーマ:最近のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。