FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シロクマ溺死相次ぐ 温暖化→北極の氷解け“漂流”

地球温暖化の影響で夏の時期に北極海の氷が解けたために、シロクマが別の氷に移動する際に長距離の泳ぎを強いられて、子グマたちが途中で相次いで溺れ死んでいることが明らかになった。

 自然保護団体WWFが2004~09年の6年間、68頭のシロクマの首にGPS(衛星利用測位システム)を装着して動向を調査した。その結果、20頭のシロクマが期間中、50回にわたって長距離の泳ぎを強いられていた。1回につき最長で12・7日、距離にして実に約680キロだったという。

 母グマと一緒にこうした長距離の泳ぎを強いられた11頭の子グマのうち、45%にあたる5頭が途中で死んだ。長距離でない数十キロ程度の移動の場合の死ぬ確率は18%だった。

 WWFの調査担当者は「シロクマは人間と同じで、荒い波の状況下で鼻からの呼吸を(長時間)完全に止めることはできない。子グマたちが生き抜くのはかなり大変だ」と指摘。子グマは母グマに比べて体脂肪が少なく、冷たい海中で長時間泳げず、命を落としやすいという。

温暖化現象で気温が上昇しています。
それは今の時期特に体感できます。
昔に比べて明らかに暖かさに違いを感じませんか。
テーマ:最近のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
人間のせいでクマたちが過酷な生き残りをかけて日々闘っているというのに、人間は何も感じていません・・・
ホッキョクグマだけでなく、山のクマたちも食料や棲家を奪われ人里に食べ物を求めて出没せざるを得ません。
怒りを感じますねv-359
2011/08/16(Tue) 01:32 | URL | mobic(モービック) | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。