上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PDFファイルを電子書籍、テキスト、画像、HTML、フラッシュファイルに変換できるシンプルな変換ソフトです。
電子書籍はEPUB、テキストはTXT、画像はJPEGに対応しており、日本語のPDFも簡単に変換できます。
手元のPCでPDFファイルを開けないとき、PDFを開けない相手にPDFの内容を送りたいとき、PDF内のテキストを抜き出して編集したいときなどに便利です。

ダウンロードはこちらPDFMate Free PDF Converter

pdfmatefree.jpg


PDFMate Free PDF Converterでは、PDFファイルと出力形式を選ぶだけで簡単にファイル形式を変えられます。
まずは、Add PDFボタン経由でPDFファイルを指定するか、PDFファイルを画面内にドラッグ&ドロップします。
あとは画面下にあるファイル形式のボタンをクリックして「Convert」を押せば変換が行われます。

出力ファイルの保存先は「My Documents\Anvsoft\PDF Converter\output」に設定されていますが、自分で指定することもできます。

PDFMate Free PDF Converterでは多少の設定変更も可能です。
EPUBの場合はPDFを画像として認識するかテキストにするか選べます。
テキストを抽出するときには 画像やハイパーリンク(文中リンク)を無視させることもできます。
JPEG画像の場合はPDF全体をJPEGにするか、PDF内の画像のみをJPEGにするか選べます。
スポンサーサイト
テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
公的機関の各種申請書や、社内での申込書が最近、PDF形式で配布する例が増えてきました。

こうしたPDF形式の申請書は、プリンターを使って紙に印刷し、必要事項を手書きして提出するのが一般的ですが、せっかくPDFとして電子化されているなら、そのままPCを使って書き込むほうが、はるかに簡単です。

またPDFに直接入力すれば、仕上がりがきれいだし使いまわすのも簡単、さらに記入した内容を保存して管理することも可能です。

閲覧用のAdobe readerでは難しいですが、書き込み機能のある「PDF-XCange Viewer」を使えば、簡単にPDFへ文字を入力できます。
また文字入力だけでなく、図形を描くこともできます。

以下のサイトよりファイルを取得
「PDF-XCange Viewer」
PDF-Xchange1 Free Softですが、設定、操作については自己責任でお願いします。

フォルダ取得後、解凍して PDF-Xchange2 をダブルクリックし、インストールを実行します。

操作は簡単です。
PDFファイルを開いて、Wordと同じ感覚で使えます。
テーマ:便利ツール
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。