上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デスクトップで再生している動画や静止画、音声のほか、デスクトップ上の動きをキャプチャーするソフト。
「Windows Media Player」で再生中の動画などを必要な範囲だけを切り出して音声ごとキャプチャーし、AVIファイルに保存する。通常はファイルとして保存できないストリーミング動画などをAVIファイルにすることも可能。
また、アプリケーション操作などデスクトップ画面上の動きをキャプチャーすることもできる。
キャプチャーした動画は一旦、非圧縮のAVI形式で保存され、その後コーデックがあればMPEG-4などの圧縮AVI形式に変換できるようになっている。
そのためHDDには十分な空き容量が必要なので注意。また、音声のみをキャプチャーしてMP3ファイルにしたり、デスクトップ画面上の任意の範囲をJPEG形式の静止画としてキャプチャーするモードもある。


ダウンロードサイトは画像をクリックすると移動します↓  ↓

カハマルカの瞳

トラブルは自己責任でお願いします。m(_ _)m
スポンサーサイト
テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
現在Windows XPをお使いの方

デスクトップのテーマをWindows Vista風にアレンジするソフトです。

vista2


上のImageはTransformXP to Vistaをダウンロードして変更した現在使用している画面です。
いままでとはまったく趣が変わって、PCは古いのですが愛着がわきました。

システムファイルは変更されないため安全に使用することができます。


ダウンロードサイトはこちら
「TransformXP to Vista」

テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
Windows Vistaで使われているフォントメイリオ」をXPでも使えるように設定します。

メイリオ」はClearTypeに完全対応したフォントなので文字の大きさに関係なく常に美しく滑らかな文字表現が楽しめます。

下記からダウンロードして「VistaFont JPN.EXE」をダブルクリックして起動し、画面の指示に従ってインストールすれば「メイリオ」が使えるようになります。

尚 ダウンロードでのトラブルは自己責任となりますのであしからず
メイリオ        ダウンロードはこちら

さらにWindowsの「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」で画面プロパティを開き「デザイン」タブにある「効果」をクリックします。
「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」にチェックを入れ「ClearType」を選択します。
これで完了ですが、
さらに「スタート」→「コントロールパネル」→「画面」で画面プロパティを開き「デザイン」タブにある「詳細設定」ボタンをクリックします。
「指定する部分」を選択項目とし、「フォント」をメイリオとして設定を終えればXPのさまざまな部分がメイリオで表示されます。
テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
BootSkin

PCに電源を入れるとまず現れるXPの起動画面
いつも同じ画面でつまらないと思いませんか?
BootSkin]というツールで簡単に変更できます。
これは海外のカスタマイズ素材専門サイト「WinCustomize」で提供されている起動画面を主に読み込むことができます。
ここでは「WinCustomize」で入手したスキンを例に、「BootSkin]で起動画面を差し替える方法を紹介します。

BootSkin       ダウンロードはこちら
尚 ダウンロードでのトラブルは自己責任となりますのであしからず

上記からダインロード後、手順に沿ってインストールします。
「BootSkin」起動後、一覧から変更したい画面を選択し「Preview]で確認し、「Apply]で確定します。

テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
Vista Drive Icon

WindowsXPで表示するHDDとリムーバブルディスクのアイコンをVista風に変更するソフトです。
しかも、HDDの使用量と空き容量が一目でわかるわかるバーもついています。
HDDのアイコンを見ただけで空き容量がわかるので便利です。
他のXPユーザーと差をつけて自慢しましょう
Vista Drive Icon       ダウンロードはこちら尚 ダウンロードでのトラブルは自己責任となりますのであしからず
テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。