上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90.jpg

大事なファイルを暗号化してUSBメモリーで持ち歩きたいけど面倒くさいことが嫌だという人にお薦めなのが、このアタッシェケースです。

アタッシェケースは必要なファイルだけ暗号化することができるソフトで、使い方は簡単。
暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

暗号化されたファイルを元に戻す場合も、ドラッグ&ドロップで行えます。

設定ファイルを作成すればUSBメモリーに入れて持ち運ぶことも可能で、アタッシェケースのインストールされていないPCでもUSBメモリーに保存したアタッシェケースを使ってファイルの暗号化/複合化を行うことができます。

ダウンロードサイトと使用方法はこちら
アタッシェケース
スポンサーサイト
テーマ:役立つツール
ジャンル:コンピュータ
USBを停止せずにとりはずすとデータ破損の原因になりますが、面倒なのでそのままはずしている人は多いと思います。
私もそうですけど・・・。

そのような人にお勧めなのが「Portier」です。
このソフトを利用するとUSBメモリーをはずすショートカットが作成でき、即座に停止できるようになります。

portier.jpg

ソフト名:Portier
動作OS: Windows 7,Vista,XP,Win2000
機種: x64 IBM-PC 
種類: フリーソフト
作者: Kotathu7

テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
米航空宇宙局(NASA)は、空母ほどの大きさの小惑星が米国時間の11月8日に地球に最接近し、月よりも近い距離を通過する見込みだと発表した。

この大きさの天体が地球にこれほど接近するのは約30年ぶりだという。

この惑星は幅約400メートルで、太陽の方向から接近し、地球から32万4600キロの距離を通過する。

NASAではこの小惑星を「潜在的に危険な天体」に分類している。

米パデュー大学の専門家によれば、もし地球に衝突した場合、マグニチュード7.0の地震に相当する4000メガトンの衝撃が発生し、海上に落下すれば落下地点から約100キロの圏内が高さ20メートル以上の津波に襲われる。

ただしNASAによれば、少なくともあと100年はこの小惑星が地球に衝突する危険はないという。

NASAはカリフォルニア州のモハベ砂漠にあるレーダーアンテナを使って小惑星を観測する計画。

光学望遠鏡を使えばアマチュア天文家も観測できるという。

米国で観測に最も適した時間は東部標準時の同日午後4時(日本時間9日午前6時)以降だという。

次にこの規模の天体が地球に接近するのは2028年になるとNASAは予想している。

圧縮率が高い
分割圧縮ができる
などの理由により最近よく利用されているのがRAR形式(拡張子.rar)です。


多く見かけるのはZIP、LZH形式の圧縮ファイルですが、ゲームのROMファイルサイトからダウンロードした際のファイルは7Z形式かRAR形式の圧縮ファイルが多いこともあり、時々使用しています。

家のPCに入れて、なおかつUSBメモリーにインストールしておけば出先でも圧縮解凍ができるのでさらに便利です。

Portable WinRAR自体を解凍するときにパスワードを要求されますが、「www.dl4all.com」と入力すればOKです。

このソフトは40日間無料で使用できるシェアウエアとなっています。試用期間が過ぎると、購入案内が表示されますが、そのまま使用することも可能です。
この件に関するトラブルは自己責任でお願いします。

ダウンロードサイトはこちら
「Portable WinRAR」 
設定と使用法も掲載されています。
テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
出先のパソコンにMSオフィスがなくてデータを編集したいけどどうにもならない・・なんてことはあまりないかもしれませんが、もし万が一そのような事態に陥る可能性は0とは言い切れません。
その都度ノートパソコンを持ち歩けばいいのでしょうが、それは面倒だし、かといってメモリーにはオフィスソフトは入れられない・・・。
そんなときはこのOpenOffice Portableが便利です。

USBメモリーにインストールして持ち運べ、機能や操作性はMSオフィスとほとんど同じですから違和感なく使用できます。下からダウンロードしてください。

ダウンロードはこちらのサイトから
今回はそのOpenOffice Portableがバージョンアップしました。
「OpenOffice Portable Ver3.2」
動作OS:Windows 2000/XP/Vista
容量:250Mb

フォルダのダウンロード時間はそれほどかかりませんでしたが、USBへのインストール時間が1時間30分くらいかかりましたので時間に余裕のあるときにインストールしたほうがいいかもしれません。

フォルダをダウンロードして、USBにインストールするとき参照ボタンでインストール先フォルダをUSBメモリに変更してください
OpenOffice1

インストールが完了したらUSB内のOpenOfficePortableフォルダを開くとアイコンが表示されます。
OpenOffice2

OpenOffice PortableのCalc  →Exel
              Writer →Word
            Impress  →PowerPointに相当します

これらをダブルクリックすると各ソフトを起動できますが、便利なのはOpenOffice Portableという名前のついた共通の起動用ソフトです。
OpenOffice3

共通の起動用ソフトをダブルクリックして開き、そこにエクセルやワード形式のファイルをドラッグすると自動でファイルに対応したソフトに切り替わり表示されます。
見た目はほとんどMSオフィスと変わりませんがグラフを作成する場合はソート順が若干変わる場合があるので注意です。

保存はファイルから「名前をつけて保存」でファイルの種類を「Microsoft Exel97/2000/XP(xls)」で保存します。
penOffice4

常にMSオフィス形式で保存する場合は、ツール→オプションで
OpenOffice5
「ドキュメントの種類」と「常に次の形式で保存」を設定します
テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。