上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去のブログで説明していますが、今回の薬品在庫・管理システムでは薬品の管理をFileMakerで行い、帳票(約束処方・錠剤分包装機のカセット一覧表など)に関してはCSV形式で出力した後、Exel形式のファイルで表示するよう設定します。
その際、ただ表を作成するだけでは面白くありません。

そこでより使いやすい表にするためにVBAでフォームや実行ボタンを表に組み込み、誰にでも使えるように設定してあげると、効果的だと思います。

今回はVBAを普段あまりお使いでない方のために、基本的な設定の仕方をお教えしたいと思います。

私もExelを使用してシステムを作成していたころ、ボタンを押すとフォームが開くようなものを作りたいと思っていて、色々な本を買っては勉強してみたものの、書いてある意味がわからずいつも挫折の繰り返しでした。
ところが1冊の本にめぐり合ってから、この問題が一気に解決!
題名:アッと驚く達人の技
    ExelVBA 実践技&上級技大全

今までの悩みが一気に解決しました。

簡単なVBAであれば設定は慣れればそれほど難しくありませんし、このVBAを理解することによってFileMakerの仕組みも抵抗なく入れるようになると思います。

わかりづらい説明かもしれませんがご了承ください。

なるべくわかりやすく図を交えて説明しますので下のPDFファイルを開いてご活用下さい。

PDFファイルが開かない場合はAdobeのホームページからacrobat readerをダウンロードしてください
Adobeのホームページは左のリンク一覧掲載しました。

初期画面の設定方法
2種類のファイルをマクロを使って同時に立ち上げる設定:→PDFファイル

フォームの設定方法
ユーザーフォームを作成する :→PDFファイル    

コマンドボタンの設定方法
ボタンをクリックして作業の効率化を図る:→PDFファイル 

以上の方法はVBAのほんの一例に過ぎませんが、知っているとExelファイルを作るうえでも今まで以上に作業効率が上がると思います。あとはモジュールの作成しだいですが、それほど難しい作業でなければマクロの記録でモジュールを作りあとはフォームもしくはコマンドボタンに割り当てれば作れてしまいます。またコマンドボタンにモジュールを割り当ててうまくいかない場合は、フォームに割り当てるとうまくいく場合があります。
わかりにくい説明かもしれませんが、少しでも役に立てれば幸いです。
ちょっと使えるExelVBAの活用を目指しましょう!
スポンサーサイト
テーマ:プログラミング
ジャンル:コンピュータ
エクセルでファイルを開いたときにそのファイルの中にシートがたくさんあると最後に使用したシートが次回ファイルを開いたときに表示されます。

ファイルを立ち上げたとき特定のシートを最初に表示させたい場合は
次のように設定するとそれが可能になります

①ツール→マクロ→Visual Basic Editorを開きます
②上の表で①、②、③Sheets("Sheet3").Selectを設定し保存します・・・③Sheet3の部分をシート名に変更します
他のシートを選択して保存し、終了した後ファイルを立ち上げると設定したファイルが表示されています。


Exel15
テーマ:Excel
ジャンル:コンピュータ
今回は一例として薬局における薬品棚の薬品の位置表示表を作成します。
当初、私が作成していた棚表はエクセルで直接表を作成していましたが、薬品が変更あるいは削除になった場合、レイアウトをみながら表を編集していたため、その作業だけで非常に時間がかかりました。
今現在作業を進めているFileMakerの薬品管理システムはまだ開発途中で公開できませんが、ここで管理されている薬品の必要な項目のみをCSVで抽出することが可能です。
もし抽出されたとして、このデータをもとにエクセルであいうえお順の一覧表を作成する方法を公開します。

Zip FileをDLして解凍し、C-driveに保存してください :棚作成

棚表一覧(CSV):1薬品に対して4項目設定可能です。
棚作成 (Exel) :CSVデータをあいうえお順で表示しています

棚作成を立ち上げると、同時に棚表一覧も立ち上がりリンクがかかります。
棚作成表の一番左上に実行ボタンがありますので、それを押すと、データがあいうえお順に表記されます。
コントロールしているのは棚作成表です。ここでフォームとモジュールを作成してボタンに割り当てています。
モジュールは

Application.ScreenUpdating = False
Windows("棚表一覧.csv").Activate
Columns("A:D").Select
Selection.Sort Key1:=Range("b1"), Order1:=xlAscending, Header:=xlGuess, _
OrderCustom:=1, MatchCase:=False, Orientation:=xlTopToBottom, SortMethod _
:=xlPinYin, DataOption1:=xlSortNormal
ActiveWorkbook.Save
ActiveWindow.WindowState = xlMinimized
Windows("棚作成.xls").Activate
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
Application.ScreenUpdating = True

です。これをEnd Subの上に組み込みます。
ここで以下の
Application.ScreenUpdating = False
Application.ScreenUpdating = True
を入れていますが、これはマクロ実行の際、画面切り替え時、画面がちらつきますので見た目上作業を停止させるためにいれたものです。
試しのこの2つをぬいて実行させるとどうなるかやってみると面白いと思います。

またフォームを使用したのは、ボタンに割り当てたときうまく実行しなかったため使用しました。

棚作成では表中の全てのセルに関数を入れています。仮に表中に薬品が収まらなかった場合は関数をコピー&ペーストします。

今回は薬品棚表作成で使用しますが、他の用途でも使用できると思いますのでご活用ください。

テーマ:フリーソフト
ジャンル:コンピュータ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。